ライフあっぷ都筑

山口ゆう子 official website

平成30年度 文教常任委員会 県外調査

9月3日(月)
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
羽田空港 9:30 10:30 JAL113便
調査箇所
備考 9:30に羽田空港第1旅客ターミナル2階3番時計台前に集合
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
伊丹空港 11:35 12:55 JAL2331便
調査箇所
備考 昼食は空港内予定
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
隠岐の島町 14:05 16:00 タクシー
調査箇所 調査地①隠岐の島町
(隠岐の島ジオパークを活用した教育活動)
備考 住所 :島根県隠岐郡隠岐の島町城北町1番地
電話 :08512-2-8568
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
隠岐の島町 16:20 18:00
調査箇所 (宿泊)
備考 宿舎名:隠岐ビューポートホテル
住所 :島根県隠岐郡隠岐の島町中町目貫の四54-3
電話 :08512-2-7007
9月4日(火)
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
隠岐の島町 8:15 8:30 フェリー
(隠岐汽船・しらしま)
調査箇所 (宿泊先出発)
備考 (朝食:宿泊先内)
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
海士町 9:40 9:50 町手配バス
調査箇所
備考
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
海士町 9:50 12:00 町手配バス
調査箇所 調査地②海士町
(島まるごと図書館構想)
備考 住所 :島根県隠岐郡
海士町大字海士1490
電話 :08514-2-0017
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
海士町 12:10 13:20 町手配バス
調査箇所
備考 昼食
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
海士町 13:30 16:30 町手配バス
調査箇所 調査地③海士町
(隠岐島前教育魅力化プロジェクト)
備考 住所 :島根県隠岐郡
海士町大字海士1490
電話 :08514-2-0017
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
海士町 16:40
調査箇所 (宿泊)
備考 宿舎名:但馬屋
住所 :海士町大字海士4602-1
電話 :08514-2-0437
宿舎名:なかむら
住所 :海士町大字海士1458-3
電話 :08514-2-1717
9月5日(水)
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
海士町 9:50 13:20 フェリー (隠岐汽船・しらしま)
調査箇所 (宿泊先出発)
備考 (朝食:宿泊先内)
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
境港市 13:30 15:00 タクシー
調査箇所 調査地④境港総合技術高等学校
備考 住所 :鳥取県境港市竹内町925
電話 :0859-45-0411
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
米子空港 16:00 17:00 ANA388便
調査箇所
備考
地名等 着時刻 発時刻 交通機関
羽田空港
調査箇所
備考 (解散)

文教常任委員会 県外調査 調査先及び目的

9月3日(月)①
調査箇所名 隠岐の島町
所在地 島根県隠岐郡隠岐の島町城北町1番地
調査の目的 隠岐の島町を中心とした3町1村からなる隠岐諸島は、2013年に隠岐世界ジオパークとしてユネスコ世界ジオパークの認定を受けた。隠岐諸島はユーラシア大陸の一部だった時代、湖の底だった時代、海底の時代、島根半島と繋がっていた時代を経て、現在の離島になったという世界的に見ても非常に珍しい地学的特徴を有している。隠岐の島町ではこの貴重な財産を小中高のそれぞれの教育課程及び地域住民の生涯学習に積極的に活用している。具体的には、学校での総合学習授業での研究発表や地域の方を対象とした学習会などの開講を継続的に行い、大きな成果を上げている。
本県においても、2012年に箱根を中心とした1市3町が箱根ジオパークとして認定され、教育、観光、地域振興でのジオパークの今後益々の活用が望まれている中、同町の先進的且つ効果的なジオパーク活用の取組を調査することにより、今後の委員会審査の参考に資する。
9月4日(火)②
調査箇所名 海士町(島まるごと図書館構想)
所在地 島根県隠岐郡海士町大字海士1490
調査の目的 隠岐諸島の中ノ島に位置する海士町は「ないものはない」というキャッチコピーを掲げ、特色のあるまちづくり施策を多く実施し、都市部からの移住者を増やすことに成功し「奇跡の離島」と呼ばれている。
その施策の一つが島まるごと図書館構想である。これは図書館の無い町であった海士町において、どのように島民に本を提供していくかという課題に応えるため、平成19年度に生み出された施策である。
具体的には保育園から高校までの教育施設や地区の公民館、港や診療所等にも図書を配架し、島全体を図書館とみなして島民の本へのアクセスを容易にするという構想である。平成22年、町に中央図書館が開設された後も各図書配架箇所を「図書館分館」と位置付け、それらをネットワーク化し、ますます島民が本に親しむことに寄与している。
本県においても、現在進めている第三次神奈川県子ども読書活動推進計画の更なる推進や「県民の学び直しの応援」を掲げる県立図書館の活動をより効果的なものとするため、同町の取組を調査することにより、今後の委員会審査の参考に資する。
9月4日(火)③
調査箇所名 海士町(隠岐島前教育魅力化プロジェクト)
所在地 島根県隠岐郡海士町大字海士1490
調査の目的 離島である海士町には塾や予備校も少なく、進学に対して不利になるのではないかという懸念もあり、島唯一の高校である島前高校の生徒数は近年、減少の一途を辿っていた。そこで平成20年に海士町を中心とした島前地区の2町1村が協議し、島前高校の生徒の学力向上だけではなく、島前地域全体の教育力の向上を目指して開始されたのが隠岐島前教育魅力化プロジェクトである。
同プロジェクトは主に、全国から入学者を募る島留学制度、それに合わせて島留学生を支援する島親制度及び都市部と比べて不利になりがちな生徒の学習環境の向上を目指す隠岐国学習センターから成っている。
同プロジェクトの成果は目覚ましく島前高校の生徒数は10年で倍以上となり、難関大学にも多数の合格者を出せるようになった。また、教育環境の充実は移住者の増加だけでなく生徒の島外流出を食い止め、島内出生数も大幅に増加した。
本県においても、確かな学力はもちろん、多様な個性の育成を重点目標とする県立高校改革実施計画を推進するにあたり、同町の目覚ましい効果を上げた取組を調査することにより、今後の委員会審査の参考に資する。
9月5日(水)④
調査箇所名 鳥取県立境港総合技術高等学校
所在地 鳥取県境港市竹内町925
調査の目的 鳥取県立境港総合技術高等学校は、平成15年に複数の実業高校を統合し設置された、海洋科、食品・ビジネス科、機械科、電気電子科及び福祉科の5科から成る県立高等学校である。各科とも全国有数の水産地域である境港地区に有為な人材を輩出し続けているが、とりわけ福祉科では直近の5年間は介護福祉士試験(国家資格)の合格率が100%という全国でも稀な成果を上げ、また、昨年度の手話パフォーマンス甲子園では予選を勝ち上がり本選への出場を果たす等目立った実績がある。
なお、同校は水産高校、工業高校等が統合されて設置された高校であるため幅広い学科が設置されているが、生徒が他学科の科目も選択ができる総合選択制を取っており、生徒は多様な進路選択が可能となっている。
本県においても、現在、実業系高校を含む県立高等学校の大幅な再編・統合を計画しており、統合後も引き続き成果を上げている同校の取組を調査することにより、今後の委員会審査の参考に資する。

神奈川県会議員山口ゆう子の考える県政とは?

山口ゆう子神奈川県議会議員

  • 神奈川大学卒業
  • 青山学院大学大学院
    経営学研究科修了
  • NPO渋谷・青山景観整備委員
  • 2007年神奈川県議会選挙初当選
  • 2011年神奈川県議会選挙再選(二期目)
  • 2015年神奈川県議会選挙再選(三期目)

詳細は、プロフィールをご覧下さい。

所属委員会

2018年

  • 文教常任委員会

2017年

  • 議会運営委員会
  • 文教常任委員会
  • 予算委員会 副委員長

2016年

  • 文教常任委員会

2015年

  • 総務政策常任委員会 副委員長

2014年

  • 県民企業常任委員会 委員

2013年

  • 産業労働常任委員会 副委員長
  • 地方分権・行財政改革特別委員会
  • 環境審議会委員
  • 開かれた議会づくり検討委員会

2012年

  • 環境農政常任委員会 副委員長
  • エネルギー政策特別委員会

2011年

  • 文教常任委員会
  • 社会問題総合対策特別委員会

2010年

  • 防災警察常任委員会

2009年

  • 文教常任委員会
  • 食育・食の安全推進特別委員会

2008年

  • 商工労働常任委員会
  • 食育・食の安全推進特別委員会

2007年

  • 県民企業常任委員会
  • 安全安心推進特別委員会

山口ゆう子事務所

Copyright(c) Yuko Yamaguchi All Right Rserved.